2015.03.09

アーセナル在籍9年間で負傷42回で1554日の離脱…“未完の大器”ディアビが退団へ

ディアビ
アーセナル在籍9年間で42回のけがに泣いたディアビ [写真]=Getty Images

「未完の大器」という呼び名が、これほどまでしっくりくる選手が他にいるだろうか。アーセナルのMFアブ・ディアビのことである。

 身体能力とスキルの両方に恵まれ、「パトリック・ヴィエラ2世」と言われてきた。だが、なにしろケガが多い。3月6日付けの『デイリーメール』は、彼の「負傷の歴史」を紹介するとともに、現行契約が切れる今シーズン終了をもって、ついにクラブがディアビ放出に踏み切ると報じた。

 オセールで頭角を現すと、2006年1月に、19歳の若さでチェルシーとの競合を制したアーセナルに加入した。

 ピッチに立てば、パワフルかつしなやかなプレーで観る者を魅了する。だが、その「ピッチに立つ」ことができない。

 同紙によれば、ディアビは2006年1月13日のアーセナル加入後、大小様々「42回」も負傷している。在籍3339日のうち、離脱期間は「1554日」。週に直せば222週間。年に直せば約4年の計算で、在籍9年間のうち、半分近くは稼働できない状態ということになる。

 それでも、09-10シーズンにはプレミア29試合に出場し、南アフリカ・ワールドカップでフランス代表の一員としてプレーした。12-13シーズン序盤にはミケル・アルテタ、サンティ・カソルラとのトリオで中盤に安定をもたらしたこともあった。

 瞬間の輝きを振り返れば、ヴェンゲルが10シーズンにわたって“ガラスのMF”を手元に置いてきた理由もよくわかる。

 だが、やはりフルコンディションが長く続かない。13-14シーズンは膝のケガで出場は5月のプレミア1試合だけ。今シーズンもふくらはぎの負傷で出場機会は9月23日のリーグカップ・サウサンプトン戦のみに限られている。

 そのサウサンプトン戦後、ヴェンゲルはディアビを攻撃的な位置からアンカーにコンバートするプランを明かしていた。「守備的MFに必要な素質が全て備わっている」と話すヴェンゲルは今もディアビのマルチな才能を信じ、「彼が戻ってこられるなら、ここに残したい。私は常に彼を信じている」と、契約延長の望みを語っていた。

 在籍10シーズン目。意外にもセオ・ウォルコットと並ぶトップチーム最古参であり、懸命にリハビリをする姿勢や、ドレッシングルームでの明るい振る舞いもチーム内では評価が高い。

 しかし、一方でヴェンゲルは「フットボールにおいて、最も重要なのは健康だ」とも話す。いくら愛されていても、ピッチに立てない選手を守り続けることは、指揮官にとってもクラブにとっても難しくなってしまった。

 長らく比較の対象だったヴィエラは、かつてこう語ったことがある。

「コンスタントに成長できていれば、ディアビは特別なレベルに達していただろう。彼のポテンシャルは私より上だった。テクニックのレベルも、ドリブルも、得点についてもね」

 レジェンドからの賛辞も、今となっては空しく響き渡るだけである。

■ディアビの負傷の歴史
【2014年】
11月24日:ふくらはぎ肉離れ
10月14日:ふくらはぎ/すね
7月26日:臀部/大腿部
4月22日:鼠径部/骨盤

【2013年】
3月27日:膝前十字靭帯
2月23日:ふくらはぎ/すね
1月22日:病気

【2012年】
9月29日:大腿部肉離れ
9月7日:筋肉
4月28日:ふくらはぎの筋肉
4月23日:病気
3月29日:ハムストリング
3月3日:ハムストリング

【2011年】
11月26日:ハムストリング
7月22日:足首
1月2日:ふくらはぎ肉離れ

【2010年】
12月30日:ふくらはぎ肉離れ
10月19日:足首
10月4日:足首
9月13日:足首
8月11日:ふくらはぎ肉離れ
3月27日:ふくらはぎ肉離れ
2月17日:膝内側側副靱帯
1月20日:ふくらはぎ肉離れ

【2009年】
11月7日:ふくらはぎ肉離れ
10月10日:足首
8月12日:鼠径部
7月27日:膝
4月1日:大腿部肉離れ
2月24日:ふくらはぎ肉離れ
1月31日:大腿部肉離れ

【2008年】
11月22日:腹筋
8月3日:大腿部肉離れ
4月25日:大腿部肉離れ
3月7日:ふくらはぎ肉離れ
2月8日:ふくらはぎ肉離れ

【2007年】
11月22日:背中
8月14日:足首捻挫
4月20日:脳震盪
2月25日:足首捻挫
2月2日:膝

【2006年】
5月1日:足首

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング