2015.03.04

ベッカム氏の長男ブルックリン、今夏に父と同じマンUユースに入団か

ブルックリン
ベッカム氏の長男ブルックリン(右) [写真]=Getty Images

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏の長男であるブルックリン・ベッカムが、今夏にマンチェスター・Uのユースに入団する可能性が浮上している。イギリス紙『デイリースター』が3日に報じた。

 ブルックリンは現在、アーセナルの下部組織に所属。最近では15歳でU-18チームに初招集されており、以前にはプロ契約が結ばれるのではないかとの報道もあった。しかし、2月23日付けのイギリス紙『デイリーメール』は、アーセナルがブルックリンと来シーズンの契約を結ばない決断をしたため、同選手は今シーズン限りで退団する模様だと報じていた。

 そして『デイリースター』紙は、ブルックリンがアーセナル退団後の夏に、マンチェスター・Uのユースに入団するのではないかと報道。実現すれば、父であるベッカム氏と同じ道を歩むこととなる。

 ベッカム氏は、マンチェスター・Uのアカデミー出身で、1992年にトップデビュー。1994-95シーズンにプレストンへのレンタル移籍を経て、1995年にプレミアリーグでデビューを果たした。2003年にレアル・マドリードへ移籍するまで、プレミアリーグで5度の優勝を経験。1999年には、リーグ戦、FAカップ、チャンピオンズリーグの“トレブル”(3冠)達成に貢献していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る