2015.03.03

今年まだ無敗…後半戦に強いリヴァプール指揮官「前半とは全く別」

ロジャーズ
マンC戦に臨んだリヴァプールのロジャーズ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグで現在5位のリヴァプールは、リーグ後半戦に調子をあげる傾向にある。同チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が2012年に就任してから現在までのデータを大手メディア『スカイスポーツ』が2日に伝えた。

 就任初年度は8月から12月に1試合あたりの平均勝ち点1.47ポイント獲得にとどまっていたが、1月から5月には平均2.5ポイントを稼いでいた。昨シーズンも、12月までの平均勝ち点はわずか1.89であったが、後半戦に平均2.53のハイペースで勝ち点を稼いだことにより、最終節まで優勝争いを演じている。

 今シーズンもその傾向は顕著に出ている模様。2014年8月から12月までの19試合は8勝7敗4分けで8位にとどまっていたが、1月からの8試合では6勝2分けと、無敗を守っている。1日に行われたプレミアリーグ第27節のマンチェスター・C戦でも、昨シーズン王者を相手に2-1の勝利を収めていた。

 チャンピオンズリーグ出場権を得ることができる4位までの勝ち点差は、現在わずか2ポイント。ロジャーズ監督は「トップ4で今シーズンを終えることができたなら、昨シーズンより大きな偉業となるだろう。シーズン前半とは全く別のチームを作り上げることが出来たからね」と語り、掴んでいる手応えを露わにした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る