2015.02.28

復調目指すディ・マリア…目標は「ユナイテッドをCLに戻すこと」

ディ・マリア
今後の目標を語ったディ・マリア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは28日、プレミアリーグ第27節でサンダーランドと対戦する。同クラブに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、現在の自身の状況とチームについて言及した。27日付のイギリス紙『デイリー・メール』がコメントを伝えている。

 ここ数試合、本調子が出せていない様子のディ・マリア。チームも前節のスウォンジー戦で敗れてしまい、アーセナルに3位の座を奪われてしまった。自身の現状について「ここ数試合は上手くいかなかったね。でもこれはプレミアの試合に慣れるためのプロセスの一部だと思う。最初が良すぎた分、みんなの期待値が上がってしまった。みんな僕が常にああいうレベルでプレー出来ると思ってしまったんだ。でもサッカーとは時々アップダウンがあるんだ」と調子を落としていることを認め、序盤の活躍によりファンの期待が膨らみ過ぎたと感じているようだ。

 一方で、「これまでプレーしていた国でも、完全に慣れるには時間がかかった。でもハードワークを続け、いい状態にするためにやるべきことに集中するだけだよ、可能な限りね」と、現状はハードワークを続けていくことが、プレミアのスタイルに慣れる近道だと主張している。

 またチーム状況についても、「僕らはレースに戻らなければならない。このまま徐々に改善を続けるんだ。時にこういったこと(スウォンジー戦の敗戦)は起こりうる。僕らだけじゃない。首位のチェルシーだって前節は引き分けてしまっただろ? 僕らは集中して、またポジティブな雰囲気を取り戻すだけさ」と、前節の敗戦は大きな問題ではなく、次に切り替えて集中を続けることが大事だと述べた。

 最後に、今後の目標については「チャンピオンズリーグ出場権は僕らの第一目標だ。ユナイテッドをあの大会に戻すことがね。(FAカップについては)アーセナルとのタフなゲームが待っている。大きな目標に向って頑張って行きたいね」と、CL出場権とFAカップ制覇に向け意気込みを語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る