FOLLOW US

ランパードが批判受けるベイルにアドバイス「もっと開き直るべき」

レアル・マドリード所属のベイル [写真]=Real Madrid via Getty Images

 マンチェスター・C所属の元イングランド代表MFフランク・ランパードがレアル・マドリード所属のウェールズ代表MFガレス・ベイルについて、「調子を取り戻すためにベイルはもっと開き直るべきだ」と語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日付けで報じた。

 最近、ベイルはレアル・マドリードのファンやスペインのメディアから、その自己中心的なプレーに対して批判を受けている。18日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでもベイルは目立ったパフォーマンスを見せることができなかった。

「ベイルは繊細な選手なんじゃないかと私は感じている。もちろん彼は自分の実力に自信を持っているし、それは彼が今まで成し遂げてきたことからすれば当たり前だ。しかし、おそらく最近の彼は直接ゴールを狙うか、周りから批判されているようにもっとチームメイトに気を遣うべきかをプレー中に迷う瞬間が結構あるんじゃないだろうか」

 ベイルはこの1カ月で1ゴールも決めていない。また、同クラブ所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにパスを出さずにシュートを選ぶシーンが多いことで、C・ロナウドも不満をつのらせているようだ。

「もしベイルが、クリスティアーノへのパスを選択せずシュートを外したとしたらスタジアムでかなりのブーイングが起こるだろうし、そのことで2人の関係だけでなくチーム全体にも悪影響が出る」

「クリスティアーノはチームの中心選手なのだから、ベイルには『気にするな』と声をかけるべきだと私は思う」

「ベイルはこの苦境を乗り越えてさらに強くなると信じている。もしかしたら来週の試合では3人のディフェンダーを抜いてゴールを決めるかもしれないしね」

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA