FOLLOW US

セインツ、マンU本拠地での勝利は27年ぶり…指揮官「上位狙える」

勝利を喜ぶサウサンプトンのクーマン監督と選手たち [写真]=Getty Images

 11日に行われたプレミアリーグ第21節で、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンが敵地でマンチェスター・Uを1-0で破り、3位に浮上した。

 試合後、サウサンプトンを率いるロナルド・クーマン監督は、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内である今シーズン4位入賞に自信をのぞかせた。

「我々は強いチームだということを自覚しているし、昨年末のチェルシー戦で勝ち点1を獲得し、直後のアーセナル戦で勝ち点3を築いたことは重要だったし、選手たちに大きな自信がついた」

「自分たちが格下なのであれば、強豪と対戦する時は相手の名前やスタジアムにひるまずプレーすることが重要だ。我々は過去数週間でそれを改めて学んだし、私自身も選手たちの実力とチームの組織力を知っているから、勝利に驚いてはいない。これで我々は、21試合で11回の無失点を記録した」

「このチームスピリットを維持し、チームでやるべきことをやり続ければ、リーグ上位を保ち続けることも可能だ」

 サウサンプトンマンチェスター・Uの本拠地オールド・トラッフォードで白星をあげるのは27年ぶりの快挙となり、第2次世界大戦後38回目の対戦で4度目の勝利となった。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA