2014.12.29

英紙、アザールと対峙の右SB吉田に「助けが必要だったがうまく対処」

吉田麻也
右SBで先発出場したサウサンプトンDF吉田麻也(左) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第19節が28日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとチェルシーが対戦。セネガル代表FWサディオ・マネのゴールで先制したサウサンプトンだが、ベルギー代表MFエデン・アザールに同点弾を決められ1-1でチェルシーと引き分けに終わった。

 イギリス紙『デイリーメール』は同試合の採点を発表。引き分けで終わり、両チーム合わせて14選手に及第点の「6」(最高点10、最低点1)を付けており、右サイドバックで先発出場した吉田にも「6」の採点を付けた。そして、62分に交代となった吉田を「アザールとのマッチアップが吉田だと分かったとき、警報ベルがなった。だが彼はうまく対処していた。他の選手の助けが必要ではあったが」と寸評している。

 チーム最高点は先制点を挙げたマネ、CBでプレーしたポルトガル人DFジョゼ・フォンテ、58分に交代となったセルビア代表MFドゥシャン・タディッチの「7」、また、ロナルド・クーマン監督にも「7」の採点が付けられている。

 一方のチェルシーは、同点弾を決めたアザールが「7.5」で同試合の最高点。「今シーズン、リーグ首位のチェルシーで卓越したプレーを見せるベルギー人が、また素晴らしいゴールを決めた」との寸評を受けている。

 また、12試合ぶりの先発出場だったが前半で交代となったドイツ代表MFアンドレ・シュールレが「4」で同試合の最低点。そして、ジョゼ・モウリーニョ監督には「6」の採点が付けられ、監督の評価ではクーマン監督に軍配が上がった。

 なお、同試合の主審を務めたアンソニー・テイラー氏にも「6」の採点が付けられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る