FOLLOW US

ファルカオの完全移籍に慎重な姿勢示す指揮官「プレー時間が短い」

今夏、レンタルでマンUに加入したファルカオ [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、レンタルで加入しているコロンビア代表FWラダメル・ファルカオの完全移籍について、現時点では保留するとの見解を示した。イギリス紙『デイリーメール』が19日に報じている。

 ファルカオは今夏、モナコからマンチェスター・Uにレンタルで加入。シーズン終了後に買い取りオプションが付いており、ファルカオ自身も「マンチェスター・Uに残りたいと考えているよ」と、今後も同クラブでのプレーを望むコメントを残していた。

 しかし、ファルカオはこれまでリーグ戦では8試合の出場にとどまっており、得点も1ゴールのみ。負傷の影響もあって、プレー時間が非常に限られている。同選手の完全移籍について問われたファン・ハール監督は、「プレー時間が短い」と話し、結論を出すには時期尚早であると主張した。

 指揮官は、「彼は負傷が多く、まずはコンディションを上げる必要がある。練習が十分でなければ、試合にできることはできない」とコメント。「しかし、最近は調子も上がってきている。アストン・ヴィラ戦ではベンチスタートかもしれないが、先発で出場する可能性もある」と語り、ファルカオが実力を証明してから検討したいと、契約に慎重な姿勢を見せた。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA