2014.11.15

英選手協会、エヴァートンのストーンズを表彰…昨季の慈善活動で

ストーンズ
英選手協会から表彰されたストーンズ [写真]=Getty Images

 イングランド選手協会(PFA)は14日、昨シーズンのイングランドのプロリーグ(1部~4部)における選手のチャリティー活動について発表し、エヴァートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズを表彰した。同日のイギリス紙『テレグラフ』などが報じた。

 昨シーズンのプレミアリーグで最も多くの慈善活動をしたクラブは唯一1000件以上を記録したトッテナムとなったが、個人別ではエヴァートンのストーンズだった。同選手は他の選手が急用で慈善活動に参加できなくなった際にも、積極的に代理でイベントに参加したことなどが高く評価された。

 イングランドのプロ92クラブによる全体の慈善活動への参加件数は、6年前から2万件以上増加し、約4万件を記録している。92クラブ中、最多件数を記録したのは4部所属のモアカムで、約1200件だった。

 昨シーズンのプレミアリーグ上位8クラブで、慈善活動参加数が最も多かった選手は以下の通り。

マンチェスター・C:フランス代表DFガエル・クリシー、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ
リヴァプール:フランス代表DFママドゥ・サコー
チェルシー:ブラジル代表MFウィリアン
アーセナル:元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー
エヴァートン:イングランド代表DFジョン・ストーンズ
トッテナム:イングランド代表DFマイケル・ドーソン(現ハル)
マンチェスター・U:イングランド代表MFトム・クレヴァリー(現アストン・ヴィラ)
サウサンプトン:北アイルランド代表MFスティーヴン・デイヴィス

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る