2014.11.03

マンC、アグエロ弾でダービー戦制す…マンUは前半に退場者

マンチェスター・C
アグエロの先制点に喜ぶマンCメンバー  [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第10節が2日に行われ、マンチェスター・Cとマンチェスター・Uが対戦した。

 “マンチェスター・ダービー”の同試合は、マンチェスター・Cがマンチェスター・Uをホームに迎えての一戦。ここまで5勝2分け2敗の勝ち点17で3位につけるマンチェスター・Cに対して、マンチェスター・Uは3勝4分け2敗の勝ち点13で8位に位置している。マンチェスター・Cはスペイン代表MFダビド・シルバが負傷欠場。マンチェスター・Uはイングランド代表FWウェイン・ルーニーが出場停止処分明けで復帰し先発に入ったが、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオが負傷欠場となった。

 マンチェスター・Uのボールで始まった試合。序盤は拮抗を見せるが、徐々にマンチェスター・Cが攻勢となる。20分にロングパスで抜け出したセルヒオ・アグエロがエリア内でシュートを放つがGKダビド・デ・ヘアがキャッチ。さらにエリア手前のパス交換から、スルーパスを受けたヘスス・ナバスが右足を振り抜くが、これもデ・ヘアが弾いてゴールを許さない。21分には、左からのクロスに、ファーに逃げたアグエロが右足で合わせるが、またもデ・ヘアが体に当ててセーブした。

 GKジョー・ハートのゴールキックを妨害し、すでに1枚イエローカードを受けていたクリス・スモ―リングが、39分に左サイドを抜け出したジェームズ・ミルナーにファールを犯してしまい2枚目のイエローカードで退場。数的不利となったマンチェスター・Uは43分に、アドナン・ヤヌザイに代えてマイケル・キャリックを投入した。キャリックはCBに入った。

 前半アディショナルタイムに、浮き球のパスでエリア内に抜け出したヤヤ・トゥーレがマルコス・ロホに倒されたように見えたが、主審はノーファールの判定。直後に終了のホイッスルが鳴り、スコアレスドローで折り返した。

 後半に入ってすぐに、またもマンチェスター・Uにアクシデントが発生。ロホがスライディング時に、肩付近を負傷しパディ・マクネアーと交代した。

 63分、ついに試合が動く。Y・トゥーレのパスに抜け出したガエル・クリシーがダイレクトで中に折り返すと、アグエロが合わせてゴール。マンチェスター・Cが先制に成功した。68分にはステヴァン・ヨヴェティッチがエリア手前の左からミドルシュートを放つが、デ・ヘアがキャッチ。

 70分にマンチェスター・Cはミルナーに代えてサミル・ナスリを投入。マンチェスター・Uは71分に、右サイド深くのスローインから、ロビン・ファン・ペルシーがドリブルでエリア内に侵入し、シュートを放つがハートがセーブした。さらにマンチェスター・Cはヨヴェティッチをエデン・ジェコに代えた。

 75分に、Y・トゥーレのスルーパスでエリア内右に抜け出したナバスがシュートを放つがクロスバーに直撃。77分にマンチェスター・Uは、ルーニーがエリア手前までドリブルで持ち上がるが、DFにカット。こぼれ球に詰めていたファン・ペルシーがシュートを放つがこれもブロックされた。だが、さらにそのこぼれ球をファン・ペルシーがエリア内右でフリーのディ・マリアにパス。そのままシュートを放つがハートにセーブされた。

 マンチェスター・Uは82分に、ファン・ペルシーに代えてジェームズ・ウィルソンを投入。マンチェスター・Cは84分にアグエロに代えてフェルナンジーニョをピッチに送った。

 マンチェスター・Uは1人少ないながらも終盤に攻勢を見せるが試合はそのまま終了。数的不利となったマンチェスター・Uを相手にマンチェスター・Cが1-0の勝利で“マンチェスター・ダービー”を制した。 

 次節、マンチェスター・Cは8日にアウェーでQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)と対戦。マンチェスター・Uは同日、クリスタル・パレスをホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・C 1-0 マンチェスター・U

【得点者】
1-0 63分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る