2014.10.29

途中出場のバロテッリが同点弾…リヴァプールが土壇場で逆転勝利

劇的な決勝点を決めたロヴレン [写真]=Getty Images

 リヴァプールは28日、キャピタル・ワン・カップ4回戦でスウォンジーをホームのアンフィールドに迎え、2-1の逆転勝利を収めて5回戦に進出した。

 試合は、立ち上がりからリヴァプールが主導権を握る。積極的に仕掛けていったリヴァプールは、ジョーダン・ヘンダーソンやルーカス・レイヴァらがミドルシュートに持ち込んでいく。前半の半ばにかけてもペースを掴んだリヴァプールは、27分に先制点の好機を得た。ヘンダーソンのパスをボックス左で受けたラザル・マルコヴィッチがフリーの状態でシュートを放つが、枠を大きく外してしまう。

 さらに、34分にもリヴァプールがゴールに近づく。ペナルティアーク付近でボールを受けたファビオ・ボリーニが素早い反転からシュートを放つも、わずかに枠の左に外れる。勢いに乗るイタリア人アタッカーは直後の35分にも個人技でボックス手前まで進入すると、鋭いミドルシュートを枠に飛ばした。しかし、今度はゲルハルト・トレンメルのファインセーブに遭い、試合の均衡を破ることができない。

 前半の終盤は、ネイサン・ダイアーやマルヴィン・エムネスのスピードを生かした強引な攻めを見せたスウォンジーが盛り返す。すると、45分にはスウォンジーがゴールに迫る。ペナルティアーク付近で得たFKでキッカーを務めたジョンジョ・シェルヴェイが鋭いシュートを枠に飛ばしたが、ブラッドリー・ジョーンズに弾き出された。

 迎えた後半は、前半とは打って変わってスウォンジーが立ち上がりからペースを握る。すると65分、シェルヴェイのシュートがディフレクトすると、攻撃参加していたニール・テイラーがボックス左へ浮き球ボールを入れる。これに反応したエムネスが素晴らしいボレーシュートでネットを揺らし、スウォンジーが先行した。

 ホームでビハインドを背負ったリヴァプールは、69分にグレン・ジョンソンが強烈なミドルシュートを枠内に飛ばすも、トレンメルの好守に遭う。70分には、マルコビッチに代えてアダム・ララナを投入。さらに、ブレンダン・ロジャーズ監督は79分にリッキー・ランバートを下げてマリオ・バロテッリを送り出した。

 すると、この交代策が的中する。86分、ボリーニが右から入れたボールをゴール前のバロテッリが合わせて、終盤に同点に追いつく。さらにアディショナルタイムにスウォンジーのフェデリコ・フェルナンデスがフィリペ・コウチーニョへの危険なタックルで一発退場となると、リヴァプールは直後に劇的ゴールを挙げる。アディショナルタイム5分、左サイドで得たFKでコウチーニョがゴール前にクロスを入れると、これをファーサイドで合わせたデヤン・ロブレンがヘディングシュートを流し込んで勝ち越しに成功。リヴァプールが劇的逆転勝利で5回戦に進出した。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
リヴァプール 2-1 スウォンジー

【得点者】
0-1 65分 マルフィン・エムネス(スウォンジー)
1-1 86分 マリオ・バロテッリ(リヴァプール)
2-1 90分+5 デヤン・ロヴレン(リヴァプール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る