2014.10.26

A・サンチェスが2得点のアーセナル、リーグ戦4試合ぶりの勝利

アレクシス・あんチェス
相手のミスを突いて2説得点を決めたA・サンチェス(左) [写真]=Getty Images

 アーセナルは25日、プレミアリーグ第9節でサンダーランドの本拠地スタジアム・オブ・ライトに乗り込み、2-0で快勝した。

 前節のハル戦で、終了間際のダニー・ウェルベックの同点弾により辛くも2-2の引き分けに持ち込んだアーセナルは、ここまで2勝5分け1敗で7位に付けている。ただ、3日前に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のアンデルレヒト戦では終盤の2得点で2-1と逆転勝利を収めた。その試合のスタメンから2選手を変更。出場停止のジャック・ウィルシャー、アーロン・ラムジーに代わってアレックス・オックスレイド・チェンバレンとミケル・アルテタを起用した。そしてベンチには1月にひざを負傷したセオ・ウォルコットが入った。

 前節の大敗を払拭するべくサンダーランドが激しく球際へ寄せる立ち上がりとなったが、徐々に地力に勝るアーセナルがポゼッションを高めていく流れとなった。そのアーセナルは自陣に引くサンダーランドの守備ブロックの前でボールを回すのみとなっていたものの15分、ボックス手前左からウェルベックが際どいミドルシュートを放ってサンダーランドゴールに迫る。

 その後も、アーセナルは4-2-3-1のトップ下に入ったアレクシス・サンチェスと右サイドのチェンバレンの仕掛けで打開を図る。一方、サンダーランドは1トップのスティーブン・・フレッチャーが孤立してなかなかシュートに持ち込めない状況が続いた。

 しかし、こう着状態で試合が推移していたなか30分、アーセナルがサンダーランドの軽率なミスを突いてスコアを動かす。ウェズ・ブラウンのバックパスミスをかっさらったA・サンチェスが独走してGKヴィト・マノーネと1対1となると、冷静にチップキックシュートでゴールに流し込んだ。

 前半終盤にかけてもボールを保持して主導権を握るアーセナルは、33分にサンティ・カソルラがミドルシュートで、36分にカラム・チャンバースがGKマノーネを強襲するシュートを放ち、追加点に迫ったが、さらなるゴールは奪えず前半を1-0で終えた。

 選手交代なく迎えた後半だったが、ポジェ監督は開始5分にS・フレッチャーに代えてコナー・ウィッカムを投入。するとその直後、ジャック・ロッドウェルがヘディングで枠内シュートを浴びせるも、GKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守に阻まれてしまった。この選手交代によって良い流れになるかと思われたサンダーランドだったが、自陣での軽率なミスを頻発し、ペースを引き寄せることはできない。

 65分にセバスティアン・ラーションが強烈なミドルシュートを放ったものの、GKシュチェスニーにセーブされ、攻め手のないサンダーランドは74分に2枚代えを敢行。アダム・ジョンソンとロッドウェルに代えてジョジー・アルティドールとジョルディ・ゴメスを投入し、3枚の交代カードを使いきった。アルティドールはウィッカムと2トップを組み、4-4-2の布陣となった。

 そのサンダーランドの攻撃を受け止めるアーセナルは80分、久々にゴールに迫る。キーラン・ギブスの負傷によって左サイドバックに移っていたナチョ・モンレアルのクロスをウェルベックがヘッドで合わせたが、シュートはバーの上を越えていった。終盤はオープンな展開となるなか、アーセナルがより多くのフィニッシュに結びつける展開となる。そして追加タイム2分にGKマノーネがバックパス処理を誤ったところをA・サンチェスが突いて突き放した。2-0で快勝したアーセナルが、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
サンダーランド 0-2 アーセナル

【得点者】
0-1 30分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
0-2 92分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る