FOLLOW US

チェルシーが関心の独代表リュディガー「僕の心はアーセナル一色」

チェルシーからの関心が噂されるドイツ代表DFリュディガー [写真]=Getty Images

 日本代表DF酒井高徳のシュトゥットガルトに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、自身がアーセナルファンであることを公言し、噂されるチェルシーへ移籍する意思がないと示唆した。ドイツ紙『ビルト』がコメントを伝えている。

 ドイツ代表に選出され、成長著しいリュディガーに関しては、先日からチェルシーが強い関心を見せていると報じられていた。だが同選手は、チェルシーと同じくロンドンを拠点とするアーセナルを好んでいるようだ。

「僕は、常にプレミアリーグでプレーすることを夢見ている。(デニス)ベルカンプや(ティエリ)アンリに続いて、僕もアーセナルでプレーしたい。暇があればアレクシス・サンチェスのユニフォームを着て、YouTubeでアーセナルの動画を観ているんだ。僕の心は、アーセナル一色だよ」

 アーセナルファンであることを公言したリュディガーは、今シーズンのブンデスリーガ全8試合に出場し、センターバックのレギュラーに定着。また、シュトゥットガルトと2017年の夏まで契約を結んでいる同選手の市場価値は、700万ポンド(12億円)と見積もられている。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO