2014.10.18

敵地でのマンC戦に臨むトッテナム指揮官「確固たる自信がある」

ポチェッティーノ
マンC戦への抱負を語るポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムは18日、プレミアリーグ第8節でマンチェスター・Cとのアウェーゲームに臨む。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は同試合が難しいものになることを覚悟している。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 前節、好調サウサンプトンに勝利し、第2節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦以来となる勝ち点3を挙げたトッテナム。だが、インターナショナルマッチウィーク明けの今節は、昨シーズンに屈辱的なシーズンダブル(0-6、1-5)を喫したマンチェスター・Cとの厳しいアウェーゲームだ。今シーズンからトッテナムを率いるポチェッティーノ監督も、この一戦が難しい試合になることを予想している。

「我々は厳しいゲームを予想している。だが、我々はチームのスキルに対する確固たる自信がある。そして、ポイントを持ち帰るためにマンチェスターに行くつもりだ」

「我々にはサウサンプトン戦の勝利で得た自信がある。もちろん、我々が対戦する相手が非常に強いチームであることを理解している。しかし、最も重要なことは我々のスタイルとフィロソフィを続けていくことだ」

 またポチェッティーノ監督は、リーガ・エスパニョーラ時代に何度も対峙した敵将のマヌエル・ペジェグリーニ監督や、同胞であるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、同DFパブロ・サバレタ、同DFマルティン・デミチェリスとの対戦を楽しみにしているようだ。

「マヌエル(ペジェグリーニ)は素晴らしい監督だ。それに我々の間には素晴らしい関係があるんだ。また、シティのアルゼンチン人プレーヤーのことは良く知っている。もちろん、彼らがどれだけ優れたプレーヤーであるかもね。サバレタはエスパニョール時代のチームメートだったし、アグエロとデミチェリスはビッグクオリティを持ったプレーヤーだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る