2014.10.16

ギグス氏、上向き調子のマンUに「実力的には上位勢と同等」

アシスタントコーチを務めるギグス氏 [写真]=Getty Images

 現役時代マンチェスター・Uでプレーし、現在は同クラブでアシスタントコーチを務めるライアン・ギグス氏がチームの現状について自身の考えを語った。クラブ公式HPが16日に伝えている。

 マンチェスター・Uは今シーズン、プレミアリーグ開幕節から3戦連続の未勝利など、低調なスタートを切っていた。しかし、最近はホームで2連想を飾るなど調子が上向き始めている。

 この状況にギグス氏は「ゆっくりとだが、良い方向へと向かっている」とコメント。チーム状態の向上を認めるとともに、自身の考えを次のように語った。

「ここ最近の数週間の試合では、良い部分を見せてきたはずさ。これからは上位勢にも勝てるような、トップフォームを取り戻したいと考えているんだ。今シーズンはコンスタントに力を発揮できていないからね。でも、実力的には上位勢と同等だど感じているよ」

 マンチェスター・Uは今後、20日にプレミアリーグ第8節でウェスト・ブロムウィッチと対戦。その後はチェルシー、マンチェスター・Cと、強敵との2連戦が待ち構えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る