FOLLOW US

負傷離脱のマンUキャリック、復帰後はセンターバックにコンバートか

復帰後にCBへのコンバートが噂されるキャリック [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督が、負傷離脱中のMFマイケル・キャリックをセンターバックとして起用するプランを画策している模様だと、イギリス紙『エクスプレス』が24日に伝えた。

 今夏の移籍市場でアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアやコロンビア代表FWラダメル・ファルカオらを加えたマンチェスター・Uだが、前節のレスター・シティ戦では後半に逆転を許し、昇格組を相手に3-5で大敗。さらに、陣容においても、イングランド代表DFフィル・ジョーンズや北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンスが負傷離脱中と、駒不足に陥っている。

 そのため、同紙は、守備陣の改善が急務となっているファン・ハール監督が、キャリックのセンターバック起用を考慮し始めていると報道。1月の移籍市場が開幕するまでの間は、アレックス・ファーガソン元監督の下でセンターバックでの出場経験があるキャリックのユーティリティ性を活用し、最終ラインの立て直しを図るのではないかと伝えている。

 なお、7月に足首の手術を受けたキャリックは現在、クラブのトレーニング場、カーリントンのグラウンドでリハビリに励んでおり、復帰までにあと2週間を要すると見込まれている。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA