2014.09.24

マンU指揮官、ルーニーのトップ下起用に言及「変更の決断をした」

ファン・ハール
ルーニーの起用法に言及するファン・ハール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督が、同クラブのキャプテンを務めるイングランド代表FWウェイン・ルーニーの起用について言及した。イギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 今シーズン開幕当初、ファン・ハール監督はルーニーを2トップの一角として起用。同選手はプレミアリーグ4試合で2得点を記録していた。しかし、21日に行われたプレミアリーグ第5節のレスター戦では、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオがオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーとともに前線に起用され、ルーニーはトップ下に配された。

 この試合での選手起用を問われたファン・ハール監督は、ルーニーよりもファルカオの方が「ストライカーらしい」との見解を示し、以下のように説明した。

「我々はこれまでうまくプレーしてきたが、より向上することができる。そして、これまでは(フアン)マタとルーニーのプレーにそこまで満足していたわけではない」

「私は変更の決断をした。ルーニーはより多くのポジションでプレーできる選手だ。そのため、彼をストライカーの位置で起用してきた。彼は良いプレーをしてきていたが、目覚ましい活躍をしていたというわけではない」

「ファルカオはストライカーだ。彼を前線で起用したほうがチームとしてより良くなると思っている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る