FOLLOW US

リヴァプール、15人ずつの壮絶PK戦制す…リーグ杯4回戦進出

PK戦を制したリヴァプール [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは23日、キャピタル・ワン・カップ3回戦でミドルスブラと対戦し、1-1で90分を終了した。そして、延長戦では互いに1得点ずつを奪い、スコアは2-2に。迎えたPK戦を14-13で制したリヴァプールが、4回戦へ進出した。

 プレミアリーグ2連敗中のリヴァプールは、3日前に行われたウェストハム戦の先発メンバーから大幅に7選手を変更。スティーヴン・ジェラードやデヤン・ロヴレンを温存し、リッキー・ランバートやアダム・ララーナ、ラザル・マルコヴィッチといった新戦力を起用した。

 チャンピオンシップ(イングランド2部)で5位につけるミドルスブラを相手に、リヴァプールは10分、幸先良く先制する。ロングフィードに反応したラヒーム・スターリングの抜け出しは相手GKに阻まれ、ルーズボールをランバートがシュート。これもGKにセーブされたが、ルーズボールをボックス手前右のジョーダン・ロシターがグラウンダーのシュートで流し込んだ。

 しかし、先制点以降、主力を欠くリヴァプールはミドルスブラの守備網を攻略できず、攻めあぐねる展開となる。すると迎えた63分、ボックス右角付近で与えたFKからアダム・リーチにヘディングシュートを許し、同点ゴールを与えてしまう。

 流れを変えたいリヴァプールは、74分にマリオ・バロテッリを投入。それでも90分のうちにゴールを奪えず、試合は延長戦へと突入した。そして迎えた109分、10分ほど前に投入されていたスソが試合を動かす。左サイドでの崩しからクロスボールがゴール前に入ると、ルーズボールをボックス中央から右足で蹴りこんだ。

 これで勝負ありかと思われた一戦だったが、追加タイムにコロ・トゥーレがPKを献上。そしてパトリック・バンフォードに決められ、試合は土壇場で2-2となり、PK戦へ突入した。

 迎えたPK戦ではスターリングとバンフォードが失敗したものの、それ以外の選手たちが成功し続け、14-13となる。そして2順目が回ってきたミドルスブラ15番目のキッカー、アルベルト・アドマーが外して勝負あり。壮絶なPK戦を制したリバプールが辛くも4回戦へ進出している。

【スコア】
リヴァプール 2-2(PK14-13) ミドルスブラ

【得点者】
1-0 10分 ジョーダン・ロシター(リヴァプール)
1-1 66分 アダム・リーチ(ミドルスブラ)
2-1 109分 スソ(リヴァプール)
2-2 120分+3 パトリック・バンフォード(ミドルスブラ)

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO