2014.09.22

マンCとのドローのチェルシー指揮官「到着時より良い状態で去る」

モウリーニョ
マンCとのドローに満足するモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、21日に行われたプレミアリーグ第5節のマンチェスター・C戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 昨シーズンのプレミアリーグ覇者のホームに乗り込んだチェルシーは、66分にマンチェスター・Cのアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが2枚目のイエローカードで退場となったことで数的優位に立った。そして、その5分後にドイツ代表MFアンドレ・シュールレのゴールで先制。しかし85分、昨シーズンまでチェルシーに在籍した元イングランド代表MFフランク・ランパードにネットを揺らされて、スコアをタイに戻されることに。結局、1-1で試合終了を迎えた。

 10人のマンチェスター・Cに追いつかれて勝ち星を逃したチェルシーだが、モウリーニョ監督は敵地で勝ち点1を奪えたことに加え、第5節終了時点で首位に立っているという結果に一定の満足感を示している。

「1ポイントを勝ち取った。なぜなら、我々はここに首位としてやってきた。2位と勝ち点2差の状態でね。そして、引き分けたことで差を3ポイントに広げてここを去る。順位表を見れば、我々は首位に位置している」

「我々はとてつもなく難しいスタジアムを訪れた。そして、とてつもなく難しいチームと対戦した。そして我々は、ここに到着した時より良い状態でここを去ることになる」

「非常に、非常に良いパフォーマンスだった」

 試合では、チェルシーがリードを得た後にスペイン代表FWジエゴ・コスタが追加点を奪う絶好機を迎えた。しかし、シュートはポストに阻まれ得点ならず、その直後にマンチェスター・Cの同点弾が生まれた。その流れを振り返ったモウリーニョ監督は、次のように続けた。

「1-0でリードしている時にシュートがポストに当たった。試合を終わらせることができないと、危機に陥ることがある。非常に優秀なチームと対戦している場合は特にだ。我々は勝利を目指し、その後に戦術的な反応を見せた。相手は負けないように感情的な反応を見せた。私の見方では、彼らは1ポイントに値していたと思う」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る