2014.09.18

フルアムのマガト監督、チャンピオンシップ最下位も「自信がある」

フェリックス・マガト
フルアムを率いるマガト監督 [写真]=Getty Images

 フルアムは17日、イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)第7節でノッティンガム・フォレストと対戦し、3-5で敗れた。65分を経過した時点では3-2とリードしていたが、その後は立て続けに失点を重ねて大敗。現在、1分6敗の勝ち点1でフルアムは最下位に低迷している。

 不振から抜け出せないため、フルアムのフェリックス・マガト監督には解任の噂が浮上している。しかし、同監督は現在のチームに手ごたえを感じていると主張した。大手メディア『スカイスポーツ』がフルアム指揮官のコメントを伝えている。

「私は自分の仕事に完璧な自信を持っている。今の順位については考えていない。チームとともに働くだけだ」

「選手たちは良いプレーを見せて3つの得点を挙げた。結果は不運なものだよ。我々は4-2にできるチャンスがあった。だが、残念なことにそれを可能にできる場面でミスをしてしまった。それでも、その後にチームは良いパフォーマンスを見せた」

「もちろん、ファンのフラストレーションは理解できる。勝ち点1で最下位に沈んでいることは非常に悲しい。それはサポーターと選手にとって残念なことだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る