FOLLOW US

マンC戦でひざを負傷のストークFWオデムウィンギー…手術要する重傷

ツイッターで長期離脱を明かしたオデムウィンギー [写真]=Getty Images

 ストーク・シティに所属するナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギーが、ひざの負傷により長期離脱となることが分かった。オデムウィンギーが自身のツイッターで明かしている。

 8月30日に行われたプレミアリーグ第3節のマンチェスター・C戦の後半から途中出場を果たしたオデムウィンギーは、65分に負傷交代を余儀なくされていた。そして今回、オデムウィンギーはツイッターで、ひざの負傷が手術を要する重傷であることを公表した。

「けがは手術が必要な状態だと分かったよ。シーズンの大半を見送ることになりそうだ。だけど、僕は一所懸命にリハビリに励んで、できる限り早くチームに復帰するつもりだよ。ストークはとても強いチームだ。素晴らしいリーグを送ることができるはず」

 昨シーズン、カーディフ・シティに所属していたオデムウィンギーは、プレミアリーグの15試合に出場し6ゴールを記録。今年6月に開催されたブラジル・ワールドカップでもナイジェリア代表の一員としてプレーし、今夏、ストーク・シティに加入したばかりだった。

(記事/超ワールドサッカー)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA