FOLLOW US

リヴァプール、今夏バルサ退団のGKバルデスと契約合意か…英紙報道

昨シーズン限りでバルセロナを退団しているV・バルデス [写真]=Getty Images

 リヴァプールが、今夏バルセロナから退団した元スペイン代表GKビクトル・バルデスと契約合意に至ったと、イギリス紙『デイリースター』が報じている。

 今夏の移籍市場は1日に閉じられたが、2013-14シーズンをもってバルセロナを退団し自由契約となっているV・バルデスは、契約が可能となっている。以前はモナコへの移籍も報じられていた。

 同紙によると、リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャース監督は、今夏元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがバイエルンへ移籍したこともあり、正GKを務めるベルギー代表GKシモン・ミニョレの競争相手として獲得を希望していると、伝えられている。

 同選手は昨シーズン、3月26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のセルタ戦で右ひざ前十字じん帯を損傷。現在は回復に向けて治療に専念しており、同紙は、V・バルデスの復帰は12月になるだろうと見込んでいる。
 
 32歳のV・バルデスはバルセロナの下部組織出身で2002年にトップチーム昇格。それ以来13シーズンバルセロナに在籍し公式戦通算528試合に出場している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA