FOLLOW US

マンUがアルゼンチン代表MFディ・マリア獲得…移籍金は英史上最高額

マンチェスター・Uへの移籍が決まったディ・マリア [写真]=Man Utd via Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは26日、レアル・マドリードに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金はプレミアリーグ史上最高額の移籍金となる5970万ポンド(約102億9000万円)となることが併せて発表されている。

 現在26歳のディ・マリアは、2005年にアルゼンチンのロサリオ・セントラルでプロデビュー。2007年に開催されたU-20ワールドカップでの活躍もあり、同年夏にベンフィカへ移籍した。クラブやアルゼンチン代表での活躍もあり、2010年夏にはレアル・マドリードに加入。ウイングやインサイドハーフといった複数のポジションでプレーし、リーグ戦やチャンピオンズリーグを制するなど、多くの勝利に貢献した。

 ルイス・ファン・ハール監督新体制となったマンチェスター・Uだが、リーグ戦は開幕2試合で1分1敗と躓いている。今夏はスペイン人MFアンデル・エレーラ、イングランド代表DFルーク・ショー、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ、U-19セルビア代表GKヴァンヤ・ミリンコヴィッチ(2014-15シーズンはヴォイヴォディナ・ノヴィサドにレンタルでプレー)を獲得している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO