2014.08.26

36歳のランパード、イングランド代表引退を表明「いつも誇らしかった」

ランパード
イングランド代表引退を表明したランパード [写真]=Getty Images

 イングランドサッカー協会は26日、MFフランク・ランパードが代表引退を表明したことを発表した。

 現在36歳となったランパードは、「代表引退を決めた。ワールドカップ以降、深く考えてきたし、すごくタフな決断だった。国を代表することはいつも、すごく誇らしいことだったし、振り返れば、イングランドのシャツを着ている時はいつでも楽しかった」とコメントしている。

 ランパードは1999年、フル代表に招集されると、以後106試合に出場して29得点を記録した。同選手は今夏にチェルシーを退団。2015年からアメリカのニューヨーク・シティFCでプレーすることが決まり、それまでの間はレンタル移籍でマンチェスター・Cに加入している。

 イングランド代表はリヴァプール所属のMFスティーヴン・ジェラードも代表引退を表明。他にもコートジボワール代表FWディディエ・ドログバや、フランス代表MFフランク・リベリー、ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ、同DFフィリップ・ラーム、スペイン代表MFシャビらが、今夏での代表引退を表明している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る