2014.08.16

プレミア開幕、復権期すマンUはホームで黒星スタート…香川出番なし

シグルズソン
決勝点を決めたシグルズソン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグの2014-15シーズン開幕節が16日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとスウォンジーが対戦。香川はベンチスタートとなった。

 昨シーズン7位と失意のシーズンとなったマンチェスター・Uはルイス・ファン・ハール新監督を招へい。開幕戦はプレシーズンで使用した3-4-1-2のフォーメーションを使い、ツートップにはウェイン・ルーニーとハビエル・エルナンデス、トップ下にフアン・マタが入り、新戦力のアンデル・エレーラも先発に名を連ねた。

 試合は序盤からホームのマンチェスター・Uが、優位に進める。その中で19分、右ウイングバックで先発し、積極的なプレーを見せていたジェシー・リンガードが相手選手と交錯。右ひざを痛め、一旦はピッチに戻ったものの、ベンチは無理をさせず、24分にアドナン・ヤヌザイと交代させた。

 26分、マンチェスター・Uは、右サイドのペナルティエリアすぐ外でFKを獲得。今シーズンからプレミアリーグに導入されたバニシングスプレーが初使用された場面で、マタが直接狙ったが、GKの正面だったため弾かれた。

 その2分後、スウォンジーは右サイドをパスで崩すと、最後は中央を上がってきたキ・ソンヨンが、左足で狙いすましたミドルシュートをゴール右に決め、先制に成功する。マンチェスター・Uは、失点後もボールは支配するものの、スウォンジーの体を張った守備を崩せず、前半を終える。

 ハーフタイムにファン・ハール監督はエルナンデスを下げて、ナニを投入。早くも2枚目のカードを切り、4バックへ移行する。すると53分、マンチェスター・Uは右CKを獲得すると、ニアサイドでフィル・ジョーンズがコースを変えたボールを、ゴール前でルーニーがバイシクルシュートで押し込んで、同点とした。

 66分にマンチェスター・Uは、ゴール正面やや右でFKを得るとルーニーが直接狙ったが、ポストをヒット。直後、エレーラに代えてマルアン・フェライニがピッチに立ち、早くもファン・ハール監督は交代枠を使い切った。スウォンジーもネイサン・ダイアーに代わり、ジェフェルソン・モンテーロが入る。

 72分、スウォンジーは縦に速い攻めで左サイドを崩すと、モンテーロのクロスがファーサイドまで流れると、ウェイン・ラウトリッジのボレーシュートはミートしなかったが、折り返しのような形となり、最後はギルフィ・シグルズソンが押し込んで、勝ち越しに成功する。

 終盤、マンチェスター・Uはフェライニを前線に置いてパワープレーを試みるが、ネットを揺らすことはなく、2-1でスウォンジーが開幕戦での白星を手にした。マンチェスター・Uは次節にアウェーでサンダーランド、スウォンジーはホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 1-2 スウォンジー

【得点者】
0-1 28分 キ・ソンヨン(スウォンジー)
1-1 53分 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
1-2 72分 ギルフィ・シグルズソン(スウォンジー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る