2014.08.13

マンUのファン・ハール新監督、勝利でも辛らつ評価「最低の試合」

ホームのファンからの声援に応えるファン・ハール監督  [写真]=Man Utd via Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは12日、バレンシアとプレシーズンマッチで対戦。スコットランド代表MFダレン・フレッチャーとベルギー代表MFマルアン・フェライニの得点で、2-1と競り勝った。

 今夏に就任したルイス・ファン・ハール監督にとっては、ホームスタジアムのオールド・トラフォードでの初ゲーム。「非常に嬉しかった」というファンからの歓迎を「ピッチに降りた途端に大声で名前を呼んでもらえた。光栄なことだ」と喜んだ。クラブ公式HPが伝えている。

 一方、勝利したものの試合内容については、「これまでで最低」と辛らつな評価を下すとともに、「パスミスも多く、プレー選択を誤るシーンも多かった。プレスも上手くかけられなかった」と反省点を挙げた。

 マンチェスター・Uにとっては、16日のプレミアリーグ開幕の前では最後のプレシーズンマッチだったが、指揮官は「もっと良いパスの選択をする必要がある。今日はそれができなかったのが残念」と納得いかない様子。収穫についても、「今までで最低の試合をしたにも関わらず勝てたこと」と、皮肉交じりに語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る