2014.08.12

インテル退団のMFカンビアッソ、プレミア昇格のレスターへ移籍か

レスターへの移籍が迫っていると報じられたカンビアッソ(右) [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルを昨シーズン限りで退団した元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソのレスター・シティへの移籍が迫っているとイギリス氏『デイリーミラー』が報じている。

 2004年にレアル・マドリードからインテルへ加入したカンビアッソは、10シーズンの在籍で公式戦通算427試合に出場し、51ゴールを記録している。2013-14シーズンをもって退団していた同選手は、移籍先を探していた。

 同紙は、カンビアッソが、レスターから正式に提示された2年間の契約を受け入れる準備ができており、彼自身の夢であるイングランドでのプレーを果たすたすだろうと報じている。また、11日には条件面の交渉が最終段階に入ったとも合わせて伝えている。

 レスターは2003-04にチャンピオンシップ(2部リーグ)に降格。2008-09シーズンには3部に所属していたこともあり、2010年夏から約1年半、現浦和レッズ所属のMF阿部勇樹が在籍していた。レスターは2014-15シーズンから10シーズンぶりのプレミア復帰となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る