FOLLOW US

シャルケ戦の勝利に満足のトッテナム指揮官「タフなゲームだった」

チームの出来に満足を示すポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムは9日、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケとのプレシーズンマッチに2-1で勝利。試合後、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、プレシーズンのラストマッチで勝利を収めたことに満足感を示した。同クラブの公式サイトが伝えている。

 トッテナムは同試合で、かつてクラブに在籍していたガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングにゴールを許したものの、トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールと元スペイン代表FWロベルト・ソルダードのゴールで勝利した。ポチェッティーノ監督は、昨シーズンのブンデスリーガで3位に入ったシャルケを相手に好パフォーマンスを見せたチームを称賛している。

「タフなゲームだった。シャルケは非常に良いチームだからね。だが、今日の試合で主導権を握っていたのは我々だった。チームはうまくプレーしていたし、多くのエネルギーを見せてくれた。それこそが我々のスタイルであり、哲学なんだ」

 また、同監督はこの試合でデビューを飾った新戦力のU-21イングランド代表DFエリック・ダイアーについて以下のようなコメントを残している。

「エリックはまだ若いが、多くのポテンシャルを秘めたプレーヤーだ。彼がこの試合で非常に良いパフォーマンスを見せたことをうれしく思っている」

 今夏のプレシーズンマッチを4勝1分けという好成績で終えたトッテナムは、16日に2014-15シーズンのプレミアリーグ開幕節でウェストハムと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA