FOLLOW US

ルーニー、マンUの主将就任を望むも「ファン・ハール次第」

ローマ戦で2得点を挙げたルーニー [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uでは、キャプテンを務めていた元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが昨シーズン限りで退団し、インテルへ移籍。さらに、副キャプテンのフランス代表DFパトリス・エヴラもユヴェントスへ移籍した。今シーズンからマンチェスター・Uの指揮を執るルイス・ファン・ハール監督は、現段階で新キャプテンを決めておらず、誰がチームのけん引役を務めるのかが注目されているところだ。

 イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、今シーズン最初の試合となったプレシーズンマッチのLAギャラクシー戦で先発したが、キャプテンはベテランMFダレン・フレッチャーが務めた。26日のローマ戦ではトム・クレヴァリーがキャプテンマークを巻いている。

 それでも、ルーニーはキャプテン就任に意欲を見せている。イギリス紙『マンチェスター・イブニングニュース』は、マンチェスター・Uで11シーズン目を迎えるルーニーのコメントを伝えた。

「もちろん、キャプテンになりたい。でも、監督の決定次第だ。彼が誰をキャプテンにするのか決める」

「監督が簡単な気持ちでキャプテンを選ぶことはないと思う。今は選手を見ている段階のはずだ。数週間で決定を下すだろう」

 ルーニーはまた、今シーズンのチームがタイトルを獲得できると主張した。

「僕たちはタイトルを勝ち取ることができる。昨シーズンの成績は悪かった。僕たちは、そのことを理解している。みんな、巻き返すことができると確信している。タイトルを獲得できると信じなければならない」

 ファン・ハール監督の印象について、ルーニーは以下のように話した。

「ブラジル・ワールドカップでは、(ファン・ハール監督が率いていた)オランダ代表のプレースタイルに注目していた。帰ってきてから、それを参考にした」

「望んだものと同じようなことを見ることができる。練習で彼の要求を聞くと、学び始めた感じがするね」

「ルイス・ファン・ハールは偉大だった。数日しか共にしていないけど、強い人だし、練習も良いね。楽しめているよ。彼は新たなプレースタイルを持ち込んでいる。チームがそれに適応できることを望んでいるね。楽しいよ」

「練習中は、とても正直な人だ。うまくできなければ、それを選手に言う。でも、うまくできたら褒めているね。ダメなときは分かるから、正しいことができるようになっていく」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO