2014.07.27

ラムジー飛躍の理由を語るヴェンゲル「彼は変化を受け入れた」

ヴェンゲル
ラムジー飛躍の理由を語ったヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 FW宮市亮が所属するアーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーは2013-14シーズン、国内リーグで23試合に出場して10得点と、素晴らしいプレーを披露した。同クラブを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、ラムジーの飛躍の理由を語った。クラブ公式HPが24日に伝えている。

 ヴェンゲル監督は、ラムジーの成長の最たる理由を「変化の必要性を自覚したことだ」と、コメント。以下のように、その理由を語っている。

「彼には、よくない時期があったんだ。実際、当時の私は彼をピッチに立たせることはできなかった。ラムジーはそこで、基本に帰ることを受け入れたんだよ。変化の必要性を感じたんだろう」

「それ以降の彼は全く別のプレーヤーになったね。なにか問題が生まれたときは、とにかく基本に帰ることだ。そうすれば、ゆっくりとだが、物事は容易になるだろう」

 1996年からアーセナルを率いるヴェンゲル監督は、2013-14シーズンにアーセナル在任1000試合を達成。2003-04シーズンには無敗でリーグ優勝を飾るなど、名将としての地位を確かなものとしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング