2014.07.23

来季プレミアリーグを展望するモウリーニョ「我々はより強くなる」

プレシーズンマッチで指揮を執るモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、2014-15シーズンのプレミアリーグを展望した。クラブ公式サイト同監督のコメントを掲載している。

 モウリーニョ監督は、6つのチームがプレミアリーグのタイトルをかけて争うことになるだろうと予想。厳しい戦いになるとしつつも、リーグ制覇への自信を見せた。

「もしタイトル獲得を考えないなら、私は家に帰って誰かにチームを任せることだろう。イングランドは5チームか6チームが優勝する可能性がある唯一の国だ。フットボールは、毎週の試合における競争性が重要になる。そして、それはプレミアリーグにのみ存在する」

「2つのマンチェスターのクラブ、3つのロンドンのクラブ、それにリヴァプール。これら6つのトップチームがあり、そのどれもがタイトルを獲得する可能性がある。そういうわけで、あらゆる人がプレミアリーグを愛している」

「もし我々がリーグ優勝できないと考えたり、そういうクオリティがないと考えるなら、我々はこれほどハードに働くためにここにはいないだろう。我々は敵となる存在に敬意を抱いている。彼らの野心に敬意を抱いているよ。なぜなら、彼らは我々と同じ野心を持っているからね。それでも、我々はプレミアリーグで優勝したいと考えているし、それに向けて準備できている」

 またモウリーニョ監督は、昨季、準決勝で敗退したチャンピオンズリーグについても語っている。若い選手が多かった昨季のチームが準決勝まで到達できたことに満足感を示し、今季はその経験を生かしたいと明かした。

「昨シーズン、我々は準決勝に到達した。移行期間となるシーズンだったのだがね。10シーズン勝ち続けるチームというものは、徐々に変化するものだ。我々は新しい選手を獲得したし、新たな10年を作り出そうとトライしている。当時、我々のチームは非常に若かった。それなのに、我々は準決勝に到達したし、その大会で優勝するためにプレーしていた」

「今シーズンの我々はより強くなると考えている。若手選手は経験を積み安定している。彼らはタイトルを争うことにより適した状態になっている。スペインやドイツ、イングランドの他の場所を見ると、それぞれのチームがより強力になっている。巨額を費やし、可能な限りベストの選手を獲得しようとトライしている」

「我々は1つの目標を抱いてチャンピオンズリーグのグループステージに臨む。それは勝ち上がることだ。ベスト16に到達した後で、何が起こっているか見てみよう」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る