FOLLOW US

サウサンプトンDFロヴレン「僕の頭はリヴァプールに向いている」

リヴァプール移籍の希望を明かすクロアチア代表DFロヴレン(右) [写真]=Getty Images

 サウサンプトンに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、リヴァプール加入を希望していることを明言した。同選手がクロアチア『Sportske Novosti』のインタビューで語ったコメントを大手メディア『ESPN』が報じている。

 今夏の移籍市場でセインツを離れることが決定的なロヴレンには、アーセナルやリヴァプール、トッテナムなどプレミア勢が獲得に関心を示していると言われる。その中で、先日にはリヴァプールが2000万ポンド(約35億円)のオファーを掲示したものの、このオファーをセインツ側に拒絶されたことが大きく報じられていた。ロヴレンは、この件に関して『Sportske Novosti』で以下のようなコメントを残している。

「リヴァプールからオファーが届いたことをクラブは僕に伝えなかった。残念なことに僕はリヴァプールからのオファーをクラブに関係ない人たちから聞くことになったんだ。そのときに僕は、サウサンプトンにとどまることはできないと感じたんだ」

「リヴァプールは僕の獲得のため、2000万ポンドのオファーを掲示した。それはクラブがリヨンから僕を獲得するために支払った900万ポンド(15億8000万円)の倍以上の額にあたる。現時点で自分がどうすべきかはわからないし、考えたくもない。ただ、僕の頭はリヴァプールに向いている」

 また、ロヴレンはリヴァプールの印象について「リヴァプールは世界最大のクラブのひとつだ。僕がアンフィールドでプレーしたとき、『You ‘ll Never Walk Alone』を聴いたけど、思わず鳥肌が立ったよ。あの歌声をいつも聞いていたいね」と、語っている。

 2013年夏にリヨンからサウサンプトンに加入したロヴレンは、セインツのディフェンスリーダーとしてリーグ戦31試合に出場した。また、クロアチア代表としてもブラジル・ワールドカップのグループリーグ全試合に出場している。

(記事/超ワールドサッカー)

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO