2014.05.29

香川所属のマンUオーナー、マルコム・グレーザー氏が逝去

グレーザー
28日に他界したマルコム・グレーザー氏(写真は2005年当時) [写真]=NFL

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのオーナーであるマルコム・グレーザー氏が、28日に死去した。86歳だった。『スカイスポーツ』が伝えている。

 クラブはグレーザー氏の訃報に際し、「難しい時間を過ごす家族に、深い哀悼の意を捧げます」と声明を発表している。

 アメリカ人実業家であるグレーザー氏は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のタンパベイ・バッカニアーズのオーナーであったが、2003年からマンチェスター・Uの買収手続きを開始。2005年までに7億9000万ポンド(現在のレートで約1340億円)で株式の取得を完了。経営権を手にした。

 しかし、クラブ買収の際に使用した巨額の費用は、クラブを担保にして借り入れた借金によるもので、多額の負債をマンチェスター・Uは抱えた。そのため、現在もグレーザー・ファミリーへの反発の意思を示すサポーターは多い。

 なお、マンチェスター・Uの経営権はグレーザー・ファミリーで所有しているため、体制に大きな変更はないと見られる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る