2014.05.07

フルアムの2部降格理由はマイケル像の撤去…前オーナーが主張

アル・ファイド
2011年に銅像をお披露目した、前オーナー、アル・ファイド氏 [写真]=Getty Images

 3日に行われた、プレミアリーグ第37節で、フルアムはストークに4-1で敗れ、2部降格が決定した。フルアムの降格について前オーナーのモハメド・アル・ファイド氏は、自身が建立させたマイケル・ジャクソンの銅像を、撤去したからだと、イギリスメディア『BBC』に語っている。


 アル・ファイド氏は、2011年に友人でもあった、マイケル・ジャクソンの銅像を、フルアムのスタジアム、クレイヴン・コテージに建立。しかし2013年7月にオーナーがシャイド・カーン氏に替わると、銅像は今シーズン開幕前に撤去されていた。アル・ファイド氏はこの撤去が原因で同クラブは2部へ降格したと主張している。

「この銅像を動かす時に、カーンに『これは幸運をもたらすよ。あとで後悔しても知らないよ』と言ったんだ。今彼はきっと後悔しているだろうね。ファンもこの銅像を気にいっていたのに。そんな事をしたせいでフルアムは降格してしまった。すぐ戻れるといいね。でもマイケル・ジャクソンの像を戻してくれって頼まれても無理だね。有り得ないよ。」

 現在マイケル・ジャクソンの像は、マンチェスターにある国立フットボール博物館に収蔵されている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング