2014.05.07

レディングの元イングランド代表DFブリッジが現役引退

ウェイン・ブリッジ
イングランド代表としても活躍したブリッジが現役引退 [写真]=Getty Images

 イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)のレディングに所属する元イングランドDFウェイン・ブリッジが、今シーズン限りでの現役引退を表明した。『FIFA.com』が6日に伝えた。

 1980年生まれ、33歳のブリッジは、サウサンプトンの下部組織出身で、1998年にトップチームでデビュー。2003年にはチェルシーへ移籍し、2004-2005シーズンにはプレミアリーグ制覇を達成した。2009年にはマンチェスター・Cへ加入。以後、2011年にウェストハム、2012年にサンダーランドとブライトンとレンタル移籍を繰り返し、今シーズンはレディングに所属して11試合に出場した。

 ブリッジはイングランド代表としても活躍し、36試合に出場している。2010年には、自身の元婚約者が、チェルシーの元イングランド代表DFジョン・テリーと不倫していたことが発覚。代表主将の座を剥奪されたテリーと絶縁関係となった。

 6日にブリッジの退団を発表したレディングは、公式HPにナイジェル・アドキンス監督のコメントを紹介。ブリッジについて、「彼はトッププレーヤーだ。残念なことに、今シーズンは負傷に泣かされたが、懸命にプレーしていた」と、語っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング