2014.05.02

地元紙報道、バルサがリヴァプールDFアッガー獲得へ再び動く

アッガー
バルセロナからの関心が報じられたリヴァプールのアッガー(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナが、リヴァプール所属のデンマーク代表DFダニエル・アッガーの獲得に動いている。スペイン紙『スポルト』が報じた。

 同紙は、昨夏にも獲得への興味が報じられていたアッガーについて、バルセロナが再び関心を示していると報道。バルセロナの首脳陣がアッガーを高く評価しているポイントとして、以下の4つが挙げられている。1点目は、191cmの長身で空中戦に強いこと、2点目は、足下でのボール扱いに長けていること。さらに、本人の人間性や、29歳という年齢から経験豊富であること、そして4点目は、左利きであること、と伝えられた。

 報道では、バルセロナは昨夏もアッガーの獲得に動いたが、1700万ユーロ(約24億円)でのオファーをリヴァプールに拒否されたと伝えられている。なお、アッガーは2012年10月にリヴァプールとの契約を更新し、2016年まで契約期間を残している。

 29歳のアッガーは、2006年からリヴァプールに所属。今シーズンは、プレミアリーグで19試合に出場して1得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る