2014.04.28

マンC指揮官がプレミア優勝争いを展望「最右翼はいない」

ペジェグリーニ
ペジェグリーニ監督が優勝争いを展望した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第36節が27日に行われ、クリスタル・パレスとマンチェスター・Cが対戦。マンチェスター・Cが2-0で完封勝利を収め、勝ち点を77に伸ばした。

 マンチェスター・Cは、勝ち点80の首位リヴァプール、同78のチェルシーを追走。上位2クラブより消化が1試合少なく、得失点差で上回っている状態で、残り3試合に臨むこととなる。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が優勝争いを展望した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、「チェルシーが(今節でリヴァプールに)勝って、うれしい気持ちはあったが、まだタイトルレースは終わっていない。我々を含め、この3チームにはまだ難しい試合が待っている。シーズンが始まった時にも言ったが、タイトルはリーグ最終節で決まると思っている」と、コメント。「今シーズンのプレミアリーグは、とても不思議なものとなっている。我々は、首位からかなり離れた位置で3試合が延期され、そのうちの2試合を戦っても、首位のリヴァプールを勝ち点3差で追っているんだ」と、話した。

 そして、「私は、選手たちに諦めるなと言い続けてきた。希望を常に持つことが大事だと言っていた。私は、タイトルはリーグ最終節まで争われると言い続けてきた。それを変えるつもりはない。我々にはまだ、延期された試合が1つ残っている(第29節のアストン・ヴィラ戦、5月7日開催)が、勝たなければならない。その中で、運命を自分たちの手で握ることができるからね。しかし、それでも今は、それも関係なくなってきた」と、話したうえで、「このタイトルを獲得する最右翼はいない。シーズン終了時に、誰がリーグ王者になるかわかるだろう」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
11pt
セビージャ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る