2014.04.26

マンUのギグス暫定監督、ファーガソンに助言求める「まず彼に報告した」

マンチェスター・U
今季残り4試合を率いるギグス、スコールズ、バット、P・ネヴィル(右から) [写真]=Man Utd via Getty Images

 デイヴィッド・モイーズ前監督が解任されたことを受け、暫定指揮官となったマンチェスター・Uの選手兼コーチである元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが、クラブ公式チャンネルとのインタビューに応え、心境を語った。クラブ公式HPが伝えている。

 ギグスはクラブの下部組織出身で、マンチェスター・Uにキャリアを捧げてきているが、「サー・アレックス(ファーガソン)の下で長くプレーしてきた。だから彼にまず報告したんだ。アドバイスが欲しかったし、監督の仕事とはどういうものか、教えてもらいたかったんだ。他にふさわしい人は見当たらないし、連絡しない訳にいかないしね」とコメント。昨シーズンまでチームを率いていたファーガソン元監督に、助言を求めた事を明かした。

 そのファーガソン監督の下でプレーしていたポール・スコールズ氏、フィル・ネヴィル氏(モイーズ監督期もコーチ)、ニッキー・バット氏が、ギグス暫定指揮官を支えるコーチを務める。ギグスは、「ニッキーはリザーブチームのコーチだったから、トップチームがやれるか聞いた。快諾してくれたよ。スコールジー(スコールズの愛称)には電話で頼んだ。クラブの持つ意味というものは、彼らにとって大きなもの。僕と同じものを抱いている。時間は限られているが、全力を尽くしてくれるよ」と、信頼感を語っている。

 ギグス暫定指揮官は、ホームで行われるプレミアリーグ第35節のノリッジ戦で、初采配となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る