2014.04.26

18年間アーセナルを率いるヴェンゲル「監督にはもっと時間が必要」

ヴェンゲル
18年間アーセナルの監督を務めるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、プレミアリーグで監督の解任が多く、長期的な指揮が難しくなっていると、不安感を語った。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 今シーズンからマンチェスター・Uを率いていた、デイヴィッド・モイーズ元監督が22日に、10カ月間指揮した末シーズン終了を待たず解任された。これにより、今シーズンのプレミアリーグで解任された監督は10人目となった。それに対し、ヴェンゲル監督は、チームの指揮にはもっと時間と安定性が必要だと語った。

「監督たちは良くなるために時間が必要だ。さもなければ、クオリティーのある人がオファーを受けてくれることが無くなってしまうだろう。現在のイングランドでの平均的な監督としての寿命は11カ月で、かなり不安定だ。仕事に安定性が無かったら、結婚していたり、家族がいたりする監督は特にオファーを受けることを、ためらうだろう。それは、コーチや監督の水準が脅かされていることを意味する」

 ヴェンゲル監督は、1996年からアーセナルを率いており、18年間でプレミアリーグ3回、FAカップ4回の優勝に導いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る