2014.04.24

古巣チェルシーとの大一番前に、スタリッジ「感情抑えられるか…」

スタリッジ
13日のマンC戦で負傷したスタリッジ(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプール所属のイングランド代表FWダニエル・スタリッジが、27日に行われるプレミアリーグ第36節のチェルシー戦には復帰できる見込みだと明かした。イギリス誌『FourFourTwo』が報じている。

 スタリッジは、13日に行われたプレミアリーグ第34節のマンチェスター・C戦で、ハムストリングを負傷して途中交代しており、20日に行われた第35節のノリッジ戦を欠場していた。

 同選手はチェルシー戦の出場について、「上手くいけば今週末には復帰できる。ただ監督が許してくれるかは分からない。話合わなければならない」と明かした。また2013年1月まで在籍したチェルシーとの対戦について、「古巣のチームには敬意を払いたい。だが、もし自分が試合終了間際にゴールを決めたら、熱狂するだろう。やりたくはないが、その時は自分の感情をコントロールできるかどうかわからないよ」とコメントしている。

 スタリッジは今シーズン、プレミアリーグで26試合に出場し、20ゴール挙げて、得点ランク2位につけている。リヴァプールは現在、リーグ戦を3試合残して勝ち点80で首位。2位のチェルシーとは勝ち点差5となっており、次節でリヴァプールが勝つとチェルシーの優勝がなくなる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る