2014.04.24

元マンUのG・ネヴィル氏「“お飾り”のような監督はいらない」

ネヴィル
イングランド代表のコーチを務めるネヴィル氏(右) [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは22日、デイヴィッド・モイーズ監督の退団を発表。今後は、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス選手兼コーチが暫定的に指揮を執ることになった。来シーズン以降の体制は未決定の中、クラブOBの元イングランド代表DFのガリー・ネヴィル氏が、自身の見解を明かした。

 下部組織からマンチェスター・U一筋だったネヴィル氏は、イギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューで、「ユナイテッドが選手を惹きつけるために、ビッグネームの監督を就任させた方がいいという話は、聞いていて正直、悲しくなる」とコメント。「いわゆる、“お飾り”のような監督を任命しなければならないという考え方は、ばかげていると思う」と、古巣の監督人事について言及した。

「ユナイテッドというクラブは、それだけで選手にとって十分に魅力的だし、そうあるべきだ」というネヴィル氏だが、「しかし、大物監督を獲得することになるんだろうね」とも語り、「十分に資金があって賢くお金を使うことができたら、来シーズンの初めにはビッグネームの監督が就任して、その時は期待感が高まるだろう」と予想した。

 報道では、オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督やレアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督らといった大物監督が後任候補に挙げられているが、「監督が誰かなんてことをサポーターは気にしていない。それが現実だよ」と断言。「サポーターにとって一番重要なことは、試合に勝って、以前のように強いユナイテッドに戻るということだ」と代弁している。

 ネヴィル氏はマンチェスター・Uの下部組織出身で、1992-1993シーズンにプロデビュー。2011年に現役引退するまで、公式戦600試合以上に出場し、キャプテンを務めた経験もある。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る