2014.04.23

モイーズ監督の退任にキーン氏「選手は恥じなければいけない」

モイーズ
マンチェスター・Uを率いていたモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは22日、今シーズンからチームの指揮を執っていたデイヴィッド・モイーズ監督の退任を発表した。現役時代に同クラブで活躍した元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏が、今回の決定に対して自身の考えを明かした。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。



 モイーズ監督が率いた今シーズンのマンチェスター・Uは無冠が確定しており、20日に行われたプレミアリーグ第35節のエヴァートン戦に敗れたことで、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も逃していた。結果を残せずにクラブを去ることになったモイーズ監督について、キーン氏は「監督に就任した昨年、彼は難しいスタートを切った。残念だよ。もっと多くの時間が与えられなければならなかったと思う」と述べた。

 その一方で、キーン氏は選手たちについて言及。「マンチェスター・Uでプレーしている何人かの選手は、自分自身を恥じなければいけない。監督を失望させたと思う」とコメント。低迷の原因がモイーズ監督一人にあるわけではないと主張していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る