2014.03.26

ダービーでの完封負けに落胆するマンU監督「敗因は2ゴール目」

敗戦に落胆するモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第32節が25日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはマンチェスター・Cとホームで対戦し、0-3で敗れた。ベンチスタートの香川は後半開始時から出場した。

“マンチェスター・ダービー”で今シーズン10敗目を喫したマンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督が試合を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 開始1分で先制点を許してしまったことについて、モイーズ監督は、「シティは開始早々から素早いプレーを披露した。キックオフ直後の失点で我々は後手に回ってしまった」とコメント。加えて、「我々は開始15分を過ぎた頃から落ち着きを取り戻した。良いプレーもあったが、不幸にもハーフタイムまでに得点をあげることができなかった。前線でケアレスミスもあったし、クロスやパスの精度も低調だった。がっかりしているよ」と語り、落胆の色を見せた。

 また、「まだ試合は終わっていないんだ。挽回しよう」とハーフタイムにチームを鼓舞したと語るモイーズ監督。だが、「我々の守備は不十分で、それが失点に繋がるCKを与え、チームを気落ちさせてしまった。タイトに守備をするべきだったが、それができていなかったんだ。敗因はシティの2ゴール目だよ。我々は後半の入りが悪く、ゴールを奪うに相応しくないプレーだった」と続け、後半の出来を悔やんだ。

 マンチェスター・Uは次節、ホームでアストン・ヴィラと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る