2014.03.18

マンU指揮官に解任の可能性浮上…クラブは商業面への影響懸念か

モイーズ
解任の可能性が浮上したモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 大手メディア『ESPN』は、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督に、解任の可能性が浮上したと報じた。

 同メディアは、クラブのオーナーであるグレイザー家が監督の交代を検討し始めたと伝え、来週の試合結果次第では決断を下すだろうと見ている。

 マンチェスター・Uは、19日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのオリンピアコス戦(第1戦はアウェーで0-2と敗戦)、22日にウェストハムとのアウェー戦、25日にマンチェスター・Cのホーム戦を控える。

 グレイザー家は、現在のクラブの結果にナーバスになっており、クラブ関係者も変化の必要性があることをオープンにし始めていると同メディアは伝えた。クラブは特に、低迷している成績にも関わらず好調な商業面への影響を心配している模様だ。

 マンチェスター・Uは現在、勝ち点48でリーグ戦7位。チャンピオンズリーグ出場権を得られる4位のマンチェスター・Cは消化試合が2試合少ない上、勝ち点12差となっている。同じ消化試合数の3位アーセナルとは勝ち点差14と、来季のCL出場権確保はかなり厳しい状況。16日にホームで行われたリヴァプールとの“ナショナル・ダービー”も、0-3で完敗を喫している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る