2014.03.15

リヴァプールと大一番にモイーズ監督「出来ることを全てやる」

リヴァプール戦に意気込むモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、16日に行われるプレミアリーグ第30節でリヴァプールとホームで対戦する。

“ナショナル・ダービー”と称される同試合を控え、マンチェスター・Uを率いるデイヴィット・モイーズ監督が展望を語った。クラブの公式HPが伝えている。

 リーグ戦で2位に位置する好調リヴァプールとの対戦にモイーズ監督は、「この試合はプレミアリーグで最も大きな試合だ。我々2クラブの間には長期に渡って、素晴らしい歴史がある」と緊張感を示した。そして、「サッカーでは全ての試合が重要であるが、マンチェスター・Uとリヴァプールの試合は本当に特別だ」と続け、重要性を説いた。

 また同監督は、「彼らは素晴らしいシーズンを過ごしている。リヴァプールは我々の次の対戦相手であり、彼らに勝利するために出来ること全てをやる必要がある」と警戒感もあらわにしている。

 一方で、「我々のモチベーションは確かなものであり、進歩を続けている。私はここ数週間、(チャンピオンズリーグの)オリンピアコス戦を除き、とても良いプレーを披露してきた」とチームへの信頼を口にしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る