2014.02.17

ヴェンゲル、モウリーニョとの舌戦にうんざり「彼に当惑している」

これまでも度々舌戦を繰り広げてきたヴェンゲル監督(右)とモウリーニョ監督(左) [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、チェルシーを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督との舌戦が収束に向かうことを求めた。16日に行われたFAカップ5回戦後の記者会見で、自身の見解を語った。アーセナルの英語版公式HPが伝えている。

 事の発端は、14日に行われた会見で発せられたヴェンゲル監督のコメント。チェルシーがプレミアリーグで首位に立ちながら、自身のチームを優勝候補筆頭に推さないモウリーニョ監督の姿勢について、「失敗を恐れている」と語った。すると、発言を受けたモウリーニョ監督も同日に、「彼が失敗のスペシャリストであることは事実だ。なぜなら、8年間もタイトルから遠ざかっている。これこそ失敗だよ」と強烈な皮肉で応戦。両者の舌戦が一気に世間の関心をさらっていた。

 しかし、16日のリヴァプール戦を2-1と制してFAカップでベスト8入りを決めた後、モウリーニョ監督へのコメントを求められたヴェンゲル監督は「正直、彼には当惑しているよ」と語り、舌戦に終止符を打つべく言葉を続けた。

「はじめに、私は会見で彼について話したことはないと言いたい。それ以上、言うことはない。私よりもチェルシーの方が失望しているよ」と語るとともに、「全く関心がない」と断言。「私はフットボールを愛している。申し訳ないが、関心があることはピッチ上の出来事なんだ」と続け、騒動の幕引きを図った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る