2014.02.13

アーセナルのアルテタ、マンU戦に満足「勝利に全力を注いだ」

マンチェスター・U戦のパフォーマンスを誇ったアルテタ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第26節が12日に行われ、FW宮市亮の所属するアーセナルは、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとホームで対戦し、0−0で引き分けた。

 チームの副キャプテンを務めるスペイン人MFミケル・アルテタが、マンチェスター・U戦を振り返った。クラブの公式HPが、同選手のコメントを伝えている。

 アルテタは、「僕たちは勝利するために全力を注いだよ。そして、後半は多くのチャンスを演出し、本当に良いプレーを見せ、試合を支配できた」とパフォーマンスを誇った。

 また同選手は、「ユナイテッドには決定機が1つしかなかったが、僕たちには4、5回のチャンスがあったよ。僕の意見では、アーセナルの方が良い機会を演出できた。ただ、彼らのゴールキーパーが最高のパフォーマンスを見せたね」と語り、同郷のスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの活躍を称賛した。

 そして、「土曜日に起きたことを考えれば、僕たちはポジティブな要素をたくさん得たし、本当に良いリアクションを見せることができたよ」と、前節のリヴァプール戦の大敗から立ち直りを見せたとコメントした。

 アーセナルは次節、ホームでサンダーランドと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る