2014.02.13

2試合勝ち星なしのアーセナル指揮官「勝利することが重要だ」

ドローで終えたマンチェスター・U戦に言及したヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第26節が12日に行われ、FW宮市亮の所属するアーセナルは、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとホームで対戦し、0-0で引き分けた。

 スコアレスドローに終わった一戦を、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督は、「試合に勝利すべきだったかもしれないが、ユナイテッドは、我々のチャンスを非常に制限し、そして我々はその小さなチャンスを活かすことができなかった」とコメントした。

 そして、「我々は勝ち点2を失い、首位に返り咲くことはできなかったが、勝ち点1を得たことで、優勝争いの中には残ることができた。リヴァプール、ユナイテッドと難しい相手が続いたが、また試合に勝利することが重要だね」と今後への意欲を見せた。

 また、マンチェスター・Uが4位でシーズンを終えられるかという質問には、「数字上は不可能ではないが、トッテナムとリヴァプールが勝利したことで、非常に難しいのは確かだ」と返答している。

 アーセナルは勝ち点を56に伸ばし、現在2位。次節は、ホームでサンダーランドと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る