2014.01.30

首位浮上のマンC指揮官「優勝候補と呼ばれるにはまだ早い」

ペジェグリーニ
ペジェグリーニ監督がトッテナム戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第23節が29日に行われ、トッテナムとマンチェスター・Cが対戦。アウェーのマンチェスター・Cが5-1で勝利を収め、アーセナルを抜いて首位に浮上した。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、「前半、我々はとてもファンタスティックなサッカーを展開した。1ゴールしか決めることができなかったが、ゴールを決めるチャンスは3、4回あった。それに、チームは良く守った。これは私が欲していたものだ。攻撃も、守備もできるということをね」と、コメント。「チームは数多くのチャンスを演出して、試合をコントロールし、5ゴールを決めることに成功した」と、大勝を振り返った。

 また、アーセナルを抜いて首位に浮上したことについては、「優勝候補と呼ばれるにはまだ早い。まだ試合はたくさん残っているからね。今日の試合のようなプレーを続ければ、優勝するチャンスはあるが、(優勝候補と呼ばれるには)まだ早い」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る