2014.01.24

チェルシーのエトー「最初の思い出はレアルでのリーガデビュー戦」

エトー
レアル・マドリードでのリーガ・デビュー戦を「キャリア最初の思い出」と語ったエトー [写真]=Getty Images

 現在、チェルシーでプレーするカメルーン代表FWサミュエル・エトーが、スポーツ専門サイト『Grada 360』とのインタビューでスペイン時代を振り返り、意外とも思える興味深いコメントを残した。

 リーガ・エスパニョーラでのエトーといえば、頭角を現したマジョルカ時代や世界的ストライカーへと上り詰めたバルセロナ時代が思い起こされる一方、出場機会をほとんど得られず3チームにローン移籍したレアル・マドリード時代の印象は薄い。

 バルセロナ在籍時には、自身を軽視した宿敵レアル・マドリードを挑発する発言もしているエトー。だが、レアル・マドリードでの忘れられない記憶もあるようで、「プロとしての最初の思い出は?」との問いかけに対して、16歳9カ月でトップチームのデビューを飾った1998年12月のエスパニョール戦を挙げた。

「僕のキャリア最初の思い出はレアル・マドリードでのリーガのデビュー戦だ。当時の僕はまだ本当に若く、全ての若者と同じようにその瞬間に起きている出来事から現実を学んでいた。レアル・マドリード時代は決して簡単な時期ではなかったが、ずっと夢見てきた何らかの事を現実のものにすることができた」

 一方、「これまでで最高のチームメートは誰か?」との質問に対しては、「何人もの名前を挙げなければならないね」としながらも、バルセロナ時代の同僚を列挙した。

「ビクトル・バルデス、(アンドレス)イニエスタ、シャビ(エルナンデス)などは素晴らしい友人であり、彼らと一緒にプレーするのは楽しかったよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る